美智子さま「皇居に映写室とステージはあったのか?」の真相 「女優」としての素顔



いわゆる「美智子さまバッシング」の一つに、「贅沢三昧をしている。新築した御所には映写室やステージがあり、ご友人たちを夜な夜な呼んでパーティをしている」というものがある。この報道を宮内庁は真っ向から否定した。宮内庁がメディアを批判することなど前代未聞だったため、これは波乱を呼び起こした。一体何があったのか?

美智子さまバッシング

93年に起きた「美智子さまバッシング」は起こるべくして起きたと言える。宮内庁は旧態依然とした場所であり、表に出て活躍するタイプの美智子さまの振舞は「おもしろい」モノではなかったことは確かだ。

たとえば今では皇族方が公務へ行けば、膝を折り国民と言葉を交わされることが当然の光景だ。上皇陛下は在位時には、老人ホームでご老人の肩もみをした。このような国民に寄り添う姿勢は、令和の時代にも続いている。今上陛下はスピーチの中で「敬語」を使われた。以上のような光景は平成・令和になって初めて生まれたものだ。

昭和天皇は決して国民の前で膝を折られることはなかった。もちろんこれは昭和天皇が「冷たい人物」であるとか「国民と寄り添っていない」という意味ではない。昭和の時代において天皇とはそもそもそのような存在だった。

平成の天皇像と美智子さま

時代時代の天皇像は、その時代時代に応じて柔軟に変化していきた。令和の御代は御代で今上陛下が、これまでの象徴天皇制をさらに発展させていけばよいと思う。

だが平成に御代が変わったときは、未だこのような心境にはなっていなかった。単純に変化が怖かったのだ。皇室が「開かれ過ぎる」ことに、漠然とした恐怖を覚えたし、私以外にも多くの職員が同じ心境だっと思う。

そしてこの「開かれ過ぎた皇室」を最も望みプロデュースしたのが美智子さまだったがゆえに、バッシングが起こったのだろう。

今の時代に美智子さまが同じことをしていたならばここまでバッシングは起こらなかったに違いない。そういう意味で、美智子さまは時代を先取りしており、先見の明があったと尊崇申し上げるほかない。だが、起こったバッシングに対して美智子さまがとった行動については、いささか疑問を抱かずにはいられない。

御所に映写室とステージはあった!

93年に相次いで週刊誌が報道した、いわゆる「美智子さまバッシング」。その急先鋒は『週刊文春』による連続記事だった。その中で美智子さまが最も過敏に反応した記事は、「美智子さまが贅沢をしている」「無駄遣いをしている」という報道だ。

その記事によれば、海外公務で3500万円もの衣装代が計上され、総額56億円もかけた新御所は贅を尽くしたものであり、質素を宗とした昭和天皇とは全く異なる皇室になったというのである。さらに新御所のプライベート部分には「映写室」や「ステージ」があり、夜な夜な美智子さまは知人らを呼んでは娯楽に興じているとまで書かれた。

もちろん皇族とはいえ人間である以上、娯楽に興じてもよいではないかと思う。そして天皇は国の象徴であるのだから、皇族方は国の象徴的一族といえる。だから、衣装代に多少お金がかかり、(仮にそれに文句を言う人が多少出たとしても)大きな問題ではないと思う。

だが、美智子さまはこの報道を大変気にされた。美智子さまが理想とする“美智子さま像”からかけ離れていたからだ。その理想像とは「国民と家族のために私を捨てて一身に尽くす、質素倹約の良妻賢母」というものであり、まさに美智子さまは、この“役”を徹頭徹尾演じ切ろうとする「女優」であった。映画ならアカデミー賞レベルであったと思う。

もちろん女優であること自体に何ら問題はないし、どんな人間でも「演技」するものだ。ただ美智子さまの場合には、やや度が過ぎていたように思えてならない。というのも、実際、御所に「映写室」と「ステージ」はあったのだ。もちろん(週刊誌で騒がれていたような)映画館やコンサートホールにある大掛かりなものではなく、あくまで個人向けのものであり、地上2階地下1階計60部屋以上を備える巨大建造物ならばあってもおかしくない程度のものだ。ステージに至っては単なる「台」に過ぎない。

だが、美智子さまは「御所の応接部分に映写室とステージがある」という事実を認めることができなかった。実際には御所に映写室もステージもあったのだが、メディアで否定的に取り上げられてしまうと、この事実を認めることができないのだ。

そこで美智子さまがとった奇策はまさにシンプル、なんと自宅から映写機とステージを撤去してしまうというものだ。私も含め職員3人が深夜に呼び出され、幹部の一人から「不要になった家具を倉庫に移してほしい」と指示されこれを運んだ。その時は映写機とステージには布が被せられ、何を運んでいるのかよく解らなかった。だが、その三日後に宮内庁が『週刊文春』に対して「御所に映写室とステージはない」と発表したのを聞いて、ようやく自分が運んでいたものがなんであったかを理解した。



57 件のコメント

    • ワガママを言ったもん勝ち、70億円リフォーム大豪邸を与えられ、60年分1000万点?にも及ぶ膨大な豪華衣装に宝飾品等々を4億円倉庫へ収納。
      85歳と老いぼれたが、本人はあと50年くらいは生きていたいだろう。
      この世に残して置くのはもったいない、と思ってる?

      1139
      1
    • グレート・アクトレス❗
      慈愛の光を放つ、日本の聖母マリア様を60年に渡り演じてきた大女優。
      人生も晩年 シワシワ顔の老婆に成った今、いにしえの頃に我を置く。
      でもでもでも、全部ばれちゃった!

      813
      • でもでもでもでも、そんなの関係ねぇー そんなの関係ねぇー そんなの関係ねぇー おっぱっぴー、と ミテコは云うだろう!

        104
    • 礼拝室が有ったのですか?そちらでお祈りしていたのでしょうか?宗教は自由ですがそれは私達の事であり、皇室は神道ですから……

      この1993年のバッシングには本当か否かはわかりませんがミテコさんが免許を持っていないからと皇居内で運転の練習をされているというのも有りました。

      その後,失声されるんでしたよね?
      なんか都合が悪くなると具合が悪くなるんですね。

      794
  • > 私(小内様)を含め職員3人で深夜に映写機とステージを撤去した

    と 書かれると、時期病まないで人数が限られていますので、小内様の身元が解ってしまう心配は無いのでしょうか?  それが 心配です。

    1728
    1
  • 「国民と家族のために私を捨てて一身に尽くす、質素倹約の良妻賢母」かぁ。

    雅子さまは素でそれだから、心底妬ましかったのね(笑)

    1008
    • 大女優というのは認めます。

      私は吉永小百合さんがサユリストと言われて大人気だったと聞いたことがあります。
      過去の映像みると似てますね。喋り方とか所作とか。

      どっちかが真似してると思ってました。
      年齢的にどっちなんでしょうか?
      どなたか教えてください。

      66
      49
      • 17:46 様
        年齢的には吉永小百合さんの方が美智子より、かなり お若いです。
        (私は個人的には 昔はファンでしたが 今は吉永小百合さんを好きでは有りませんが)
        美智子との比較対象相手になさるのには無理が有ると思います。

        吉永小百合さんは野球の西武ファンなのは自他共に認める有名な話ですが、
        球場へ観戦に行かれた際に 西武が負けると悔しさの余り、
        「 帰り道、(何処か?の家の) 塀を 足で蹴飛ばして帰る 」

        とご本人がテレビでおっしゃっていたのを実際に観て 聞いた事がありますので、
        女優としての顔と、実際の男性っぽいところがある実像とは違うかも知れませんが、
        彼女は本当に女優さんなので、許されると思います。

        美智子は税金の上で成り立っている皇族の、しかも かつては皇后という立場の人でしたので、皇太子殿下と結婚する時に はそうゆう立場だと分かって結婚をしたのだから、(足で塀を蹴飛ばす事も) 国民を侮ると云うような行動や態度は許されないと思います。

        そして何より、吉永小百合さんは美智子のように見た目、汚く有りませんよね。
        (今は ファンでは無い者から見ても、吉永小百合さんは 普通の方以上に 綺麗にお歳を召されたと思います)

        194
      • 似ていませんよね、全く。話し方もしぐさも。

        小百合さんは、1945年生まれ。
        M粉さまは、1934年生まれ。
        11歳差です。
        軽井沢の~は、1958年ころかな。そのころ、小百合さんは12歳くらい。
        小百合さんが映画で活躍したのは、16、7歳ころからです。
        M粉さまは、声が鼻から出ていて、小百合さんはおなかから出ている。(と、思います。)

        149
  • 60部屋以上、有ったのですね!
    多くの職員方もいらっしゃるので、全てが自分達の部屋では無かったでしょうが、

    ( 全員の職員さんがが住み込みでは無く 通いの職員さんも多くいらっしゃったでしょうから) それらの部屋が 其々どのような機能を持つ部屋だったのか 内訳が知りたいところです。

    1188
  • 記事とは少しコメントが逸れますが
    今日は4月19日ですね。
    本来ならば立皇嗣の礼が執り行われた日。
    コロナは大変だけど立皇嗣の礼よりまだマシ、その位あの御家を嫌悪しています。
    1-2年はお祝いムードは訪れないでしょう。
    コロナは大変だけど今日だけは皆で乾杯しましょう!

    678


  • 昭和天皇と香淳皇后のお住まい、吹上御所にも映写室はありました。
    ただ、昭和天皇は映画鑑賞にお出ましにならず、
    映画会社のフィルムを御所内で職員達と鑑賞されたそうです。
    内掌典の高谷朝子さんが著書で、
    「(お小さい頃の)浩宮さまと『101匹わんちゃん大行進』を鑑賞しました」
    と、楽しい懐かしい思い出を書いておられます。
    上皇さまミチコさまは「映画鑑賞も公務」にカウントし
    「なんにもしない怠け者の雅子妃」を演出する都合上、
    新吹上御所に映写室があったのでは困る、のではないでしょうか。

    1118
  • >衣装代に多少お金がかかり、(仮にそれに文句を言う人が多少出たとしても)大きな問題ではないと思う。

    こういうを書かれてしまう時点で、宮内庁職員として働かれていた小内さんと、庶民の感覚の大きな乖離を感じてしまう。
    美智子と同世代で、役所から生活保護を認められず、「おにぎりが食べたい」と言いながら餓死していった方々もいるというのに、私のような底辺の庶民からすると、白米も食べられない国民がいるのに、為政者でもない皇族が衣装代ごときに湯水のように税金を遣うのを容認するような余裕はない。

    こういう価値観の乖離が、美智子のワガママを遠巻きに眺め、秋篠宮一家の反社会的な行動をみすみす傍観していた結果が、今の皇室のていたらくだ。

    敬宮様を天皇に望む志は、私も同じだが、宮内庁職員の方々の、ご自分たちの仕事に対する姿勢は残念でならない。

    1564
    4
    • それ(おにぎり食べたい)は行政の問題で、国庫の経済とは別問題ですね。私は皇室の衣装代はある程度容認します。象徴として機能している限り。だからといってキコの贅沢三昧は認めがたいが。

      78
      163
      • 美智子さんの衣装代は異常です。
        相手への礼儀としての出費ではなく、虚栄心のための出費。
        そして誰も注意できない。
        美智子さんの浪費がなぜスルーされてきたのか、責任ではなく原因追及は必要でしょう。

        749
  • あさましい。
    自分の評判や名声ため、わざわざ職員に重い荷物を運ばせ、あった物をなかった物として隠蔽作戦したわけですね。
    本当にセコい。

    そういえば紀子サンも嫁入り前、テレビの無い家から皇室に嫁ぐ学習院大学生とか、週刊誌やワイドショーでモテはやされてましたね。
    武田鉄矢がそれを信じ込んで「テレビが無くても、あんなステキなお嬢さんが育つんだもんなぁ」と、すっかり騙されてたけど。

    あれってNHKが受信料取りたてに来るから、川島父がテレビを押入に閉まって隠してただけなのに。
    自分の娘を皇室入りさせる野望を持つ一家にとって、皇室関連のニュース情報を得るためテレビは必需品。

    あさましくてセコい・・美智子サンと川島父が仲良しというのも納得です。
    価値観や思想も同じなんでしょうね。

    1913
    • 思想といえば、キコさんの母君があちらのお方と週刊誌が
      平成で、〇あんふ問題が大きくなりましたが、何か関係があるのかしら

      454
  • 先の方のコメントにもありますが、その60室はどのように使われていたのか?本当にそんなに必要だったのか、知りたいですね。
    もしや、殆どは使われず、さりとて埃まみれのままとはいかないでしょうから、清掃費用も無駄に支払われていた、とか?

    本当に、自分が働いて得るお金ではないのに、盛大な無駄遣いをしてくれたものですよね。図々しい。アテクシは国母だから当然とか本気で思っていたりしませんよね。年寄り以外は一部のウォッチャーだけでしょ、皇室に興味があったのは。
    まともな皇室、まともな総理大臣がいてくれたなら、コロナ禍対応ももっとマシだったでしょうに。
    サイテーの人間が関わると物事全てがただただサイテーに成り下がる‼️

    1044
    1
  • 2011年 中国で起きた 高速鉄道列車の追突事故で、生存者の確認も完全に行わないまま破壊された車両を解体し、大きな穴に埋めて事故を隠蔽しようとした事件を思い出した。

    事故に対する批判を恐れての証拠隠滅だったが、さすがにそれは直ぐに明るみに出るところとなったが。

    美智子はこの60年間にどれだけのことを隠蔽してきたのだろか…と 考えてしまう。

    極端に言うと、美智子が皇室に嫁いでからは自分にとって都合の悪い事は全て隠蔽し、嘘と虚飾で固められた人生だったのではないだろうか ⁉︎

    例え生きている人がいるかも知れなくても、自分にとって都合が悪い事は人知れず処理をする。その残酷が美智子や紀子には有る。

    人を苦しめて面白がり、貶めても 自分の欲望を優先させる 悪魔のような美智子。
    そうでなければ、自分の産んだ御子様で有る天皇陛下をここまで苦しめられる事は出来ない。

    映像機は たまたま目に見える物であるが、目に見えないものも沢山 隠蔽し、国民を騙し続けてきに違いないと思えてしまう。

    1904
    • あんまり嘘をつきすぎて嘘をついていたことを忘れて、たびたびぼろを出していましたね。紀子妃も同じ。嘘が嘘を呼び罪が罪を呼んで信じられないような深みにはまってしまった。色々と世間にバレてもがいていますが時すでに遅しです。

      1004


  • このような記事とボロクソ ケチョンケチョンのコメント、本人 上皇 今上天皇夫婦 秋夫妻 マコカコ サーヤ 他の皇族 宮内庁長官 上皇邸宅職員たち 他の宮内庁職員たち 皇宮警察の職員たち 等々、みんな知っているんだろうか?

    100
    313
    • 00:04 様
      以前、小内様のこのブログを美智子様が見てる らしい、遂にこのサイトも皇室様御用達になったか!

      と いう内容の見出しを 小内様自身書かれていたような記憶が有り、その時は 多くの読者の皆様が 美智子宛てのコメントを書かれていましたので、全てでは無くても 美智子本人が見ている可能性は大 だと思います。

      私もコメントを書く時は、美智子が読んでいるものと想定して書いております。

      449
    • けちょんけちょん、ぼろくそ・・・・!?

      申し訳ないですが、言われても仕方がないのではないでしょうか。
      税金を使っての、皇族としての品格を疑わざるを得ない様々なおふるまい。
      中には、犯罪まがいの事も含まれていませんか。
      明るみに出されなければ、知らなかったことも多くあります。
      このまま、国民を騙し通すおつもりだったのかもしれませんが、真実は明るみに出されるものです。
      まだまだ隠されていることがあると思います。
      皇室は、国民の敬意を基として成り立っているのであれば、上皇夫妻と秋家の方々はふさわしくありません。我々の悲痛な思いを、けちょんけちょんやぼろくそという言葉で一括りにされるとは、残念無念です。

      694
  • いやぁー、外出できないので たまたま視たサイト。
    他にも色々な記事とコメントを読んだが、アメージング。
    〔豪奢な56億円御所、夜な夜な友達を呼んで娯楽を興じていた〕
    マリー・ントワネットが現代日本で蘇ったか!
    60年にも及ぶ多くの膿を顕かにしてほしい。

    1088
    1
  • 前皇后の記事をみると「小人閑居して不善をなす」という言葉を思い出します。
    「閑居」、皇后という地位はずいぶん暇があるんですねえ。

    雅子皇后は色々勉強などに時間を充てられており、宮中祭祀についてお詳しいという話を聞いたことがありますが、

    この前皇后は時間をカラオケや悪魔のお茶会で使っていたわけですよね。週一回はコンサートにも行って。

    前皇后はどれだけ勉強に時間を割かれていたのでしょう。

    たとえば祭祀の意味とか、有形無形の皇室の文化財についての知識、語学、そのほか私たち一般人にはうかがい知れない皇族として身に着けるべき教養というものがあると思うのですが、前皇后って「優秀」だったんですか?

    (秋篠宮妃は教養もマナーもまったくお話にならなさそうですが、美智子さんについてはこの点は謎です。
    衣装など見栄えに関することは熱心そうですが、女性週刊誌が愛読書じゃあ程度が知れてしまうんですけど。中身のないのを見栄えで補おうとしていたのでしょうか?)

    774
    • 2:40 様
      雅子様は、法律用語等も全て英語で身に付けておられたそうで、法律用語や 皇室の宮中祭祀などの歴史にまつわる事など、改めて日本語で学ばれる努力をなさり、とても優秀で 今では大変お詳しい…と、ずっと以前に読んだ事があります。

      雅子様は ご病気 と言われて居られた時にも いろんな書物を お取り寄せになり 学ばれたり、報道されていないだけで 施設のご訪問もなさっていたとの事。

      その間、美智子は慈愛の国母として国民から称賛され続け、陰では 魔のお茶会 を開いたり、ご公務と称した観賞や、衣装お披露目の為の お楽しみ海外訪問等に興じていたのですね!

      この度の コロナに対応される姿勢を見ても、その違いが ハッキリと現れていましたね。

      685
    • 雅子様は祭祀の知識も作法も完璧で、自分と比べられたらマズいので祭祀を禁じておいて、敢えてサボリと喧伝したのだそうです。

      513
  • 昭和にはこういうおばさんいたと思う。

    勿論使える権力とカネにより規模は変わるが。

    うちの母親が「猫撫で声を出す女には気を付けろ」とよく言っていたが、びちこさんもキコもその類。

    蚊の鳴くような猫撫で声。

    残念ながら女優の割には2人とも本性が顔に出てますけど。妖怪のような夜叉顔になってしまった事に気付いてないならお気の毒。

    1994
    • 7:30 様
      7:30様に宛てたコメントを誤って、次の方(7:48様) 宛てにコメントを送信してしまいました(謝)。 もし 宜しければ ご一読下さいませ。

      58
  • 皇室が国民に寄り添うとは、国民に媚を売るのとは違うと思う。

    平成の陛下が老人の肩を揉むってなんだがお下品。

    時代により皇室の形が変わるなら、令和の後に縁起悪い宮家に皇統が移ったら、その家全員でヘソ出し腹踊りしてそう。

    カネと権力にがめついが出来る事は腹踊りくらい。。。皇室滅びていそう。

    686
    • 07:48 様
      「蚊の鳴くような猫なで声」とはまさしく言い得て妙! ですね。
      貴方のお母様は 人を見抜く目がお有りなのですね!

      私は雅子様がずっと美智子に虐められていると分かっているにも拘らず、美智子がここまでの悪とは気が付かず、

      昔(2009年/平成21年)、平成天皇皇后両陛下の御結婚50周年記念の記者会見で、明仁が美智子に対して「努力賞を!」と言ったのに応えて、
      美智子が「感謝状を!」と、まさしく蚊の鳴くような声で言ったのを聞いた時、

      これだけ長きに渡り頑張り続けてきても 努力賞 しか貰えないのか と気の毒に思ったものでした。そして消え入るような声で 明仁へは 努力賞を と言った美智子に対して

      このように出しゃばらず控えめで謙虚に話すという事は、民間から嫁いだから こんなに何十年も尽くして来ても 皇族で在られる天皇陛下という存在生涯超える事の出来ない尊い存在なのだな…と、感銘を受けたものでした。

      初めから一貫して、雅子様を応援し続けていた私は 雅子様への 虐めに対しても とても心を痛めていて、

      浩宮徳仁天皇が(2004年/平成16年、当時.皇太子殿下が「人格否定発言」をなさった時には血を吐く様な思いで訴えられたのであろうと 心の底からおいたわしく思い) 続けていた私でさえも そうだった。

      これほどの雅子様の応援者では有り続け、美智子からも虐めにあって居られたことをしっかりと認識していた私でさえ、スッカリ騙されていたのだから、
      皆様がおっしゃる通り 美智子は大した女優だ!

      513
      • びちこもキコもねっとりしてますよね。

        母は声の事、父は顔の事を言いました。

        「人間50過ぎたらオトコもオンナも自分の顔に責任を持たねばならない。今までの生き様が顔に出る」

        あらま~、びちこもキコも魑魅魍魎顔。

        394
  • コロナ禍で話題にならなくなったけど、コリン星から来たゆうこりんの地声を、YouTubeで聴いた時はびっくりしました。

    そしてずっと前、アーヤが婚約した頃。
    やたらとキコのエピソードやら秘蔵映像やらが、テレビや週刊誌で取り上げられていましたが、一つすごく印象に残っている映像があります。

    ホームビデオで撮影された、サークル活動の映像。
    キコはマイクを持ち、仲間たちに英語で支持をしていました。司会をしていたのかもしれない。歩きながら手で大きくアクションしたりして、学生らしい映像でした。
    テレビ局が得意気に「キコさんは英語が喋れるんですよ!」と言って、出してきた映像です。

    それを観ていた私達家族が異口同音に言ったのは「声が全然違う!」
    ネットリした気持ちの悪い猫なで声でなく、至って普通の声でした。

    キコのオフィシャルボイスは、よそゆきの声なんてレベルじゃないですよ。ゆうこりんレベルの変化ぶりです。
    当時大学生で、キコと同世代だった姉が「キコさんって、本当の声は全然違うらしいよ」と言ってはいましたが、映像で実証されました。

    でもその映像、それ以来一度も見かけないんですよねー。ストップがかかったんでしねー。

    613
    • 前皇后、テレビではいつも蚊の鳴くような鈴を転がすような美声でしたが、長い間これには私をはじめとする国民は騙されていましたよね。
      こちらのサイトに『「雅子さんには、皺くちゃの服がお似合いね」と静かに語ったその直後、「気品がない!」「常識知らず!」と大声を出され喜ばれた(豹変ぶりに大変驚いた)。』と書かれていました。

      裏表があるって怖いですが、配偶者の明仁前天皇などは何とも思わなかったんでしょうか。

      キコさんのオフィシャルボイスは、べちゃべちゃと汚い音が混じって聞き苦しく、汚らしいです。眞子さんのことを心配するふりをした記者会見など、ねちょねちょとあまりにも聞き苦しいのでチャンネルを変えたぐらいです。

      でもこれで最大限演技してたんですね。地はどんだけ。

      513


  • いやー、まんまと女優の演技には騙されましたー!こりゃ、レッドカーペット&オスカーものですね。

    でも、“大女優”ミチコさんの他、皇族方はみなさん大なり小なり役者なのではないですか?某宮家の某お姫様は、学業面では学習院時代「留年ボーダーライン」だったと、学習院卒の友人がいる後輩から聞いています(その学年は留年しないからと、他校との部活の交流という名の遊びも派手だったそうです)。でも、マスコミには学業優秀であったと書かれていました。もしも本当ならば、“学業優秀のお姫様”を見事に演じていらっしゃることになります。

    私達国民は、一体皇族の何を信じれば良いのでしょう??私たち自身もまた、騙されたフリをしている道化師なのでしょうか・・。

    309
    1
  • 書斎や個人図書館はありましたか?もちろん週刊誌の図書館でなく。色々勉強する時間はあったでしょうに。その時間下らないおしゃべりと演技練習ですか?日本の象徴としてのレベルの低さに涙がでそうです。。。

    344
  • >あんまり嘘をつきすぎて嘘をついていたことを忘れて、たびたびぼろを出していましたね
    これおもしろいです。
    『嘘をつきすぎて嘘をついたことを忘れてしまったおばあさん』
    新しい昔話の仲間入り~♪

    多くの嘘で固められた一つが今にあるマスメディア支配ですね。
    (金銀どっさりばらまくおばあさん)
    彼らの記者魂に今後期待したいです。。。。

    449
  • 都合の悪い事を排除してきたのも事実ですが、自分の利益になる事や人を巧みに利用してきたのも事実です。

    例えば、3月下旬に亡くなった宮城まり子さん。
    身体が弱く、幼くして母親の病死、父親の事業失敗、更に弟の交通事故死など大変な苦労人。
    歌やお芝居の上手い女優になりましたが、とても純粋で恋愛は30過ぎ。
    その相手が女優 吉行和子の兄、作家の吉行淳之介。
    吉行は妻子持ち(別居)だが、お互いかけがえのないパートナーとして傍で暮らし、癌になった吉行の最期を看取りました。

    彼女は吉行から金を一切受け取らず、私財で養護施設や学校を創り、恵まれない子供たち全員のお母さんとして生き抜いた本物の慈愛の方。

    施設の土地に自生してたねむの木から、ねむの木学園と名称を付けた。
    それを利用したのが美智子サマ。
    明仁と何度も施設に訪れ、交流の様子をマスコミに報道させた。

    ねむの木の子守歌(高校のとき美智子が作詞)は、礼宮が生まれたお祝いにと引っ張り出し、山本直純の妻に作曲させ、吉永小百合に歌わせ世に広めた。
    こういうエピソードも秋篠宮だけ溺愛し特別扱いしてた真実が掘りおこされる。

    なぜ長男の徳仁様が生まれた時に出さなかったの?
    本当は高校生のとき作ったのではなく、ねむの木学園を利用した便乗行為では?

    ちなみに、詞の著作権は手放したので、この歌の印税は日本肢体不自由児協会に入りますが、やはりこれも慈愛を演出した売名行為に思えてなりません。

    女優は嘘をつき別人格を演じるのが仕事。
    全てセルフプロデュース、計算しながら自分の思い通りに振る舞い、か細い声で「アテクシ」などと喋り、テレビで報道、マスコミを味方にしてきた。
    全て欲望と虚栄心を満足させるための手段。

    クリスチャンで純粋培養の宮城まり子さんは「本物の女優」。
    亡くなるまで「偽物の女優」に騙され続けました。

    649
    • 14:16 様
      宮城まり子さんが初めて「ねむの木学園」を立ち上げられた時、今は亡き義理父母が多くの寄付をさせて頂いたと聞いて居ります。義理兄姉も仕事で一線を退いた後は、ねむの木学園の系列の施設でボランティアをさせて頂いておりました。

      私の実家は浄土真宗でごく普通に何かの折々にお参りする位で、無神論者のような者ですが、(もう随分昔に)結婚した人が(本人は洗礼を受けてはいないけれども) 両親が 熱心なクリスチャンであった為、考え方はクリスチャンでした。

      美智子とは大違いで「右の頬を打たれたら、左の頬を差し出しなさい!」
      を 地で行っているような人で、決してひと様の悪口を言わず、怒らず、どんな時も自分の胸に修め、側で見ていると、時には自分に何も非が無いのに 悔しく無いのかと 歯痒い位に

      懐の広い、大らかな、しかも周りの人を明るく包み込むような人で在りながら、いつも死生観というものも しっかりと持った人でしたので、クリスチャンというのは素晴らしい教えだな…と、受け止めていました。
      【残念ながら人間全てが良い所だけと云う事は無く、顔立ちはチョット残念ですが】

      が、美智子ががクリスチャンと知った時、性根の腐った様なこの人は 一体どんな教えを学んできたのかと、大変驚きました。

      美智子は もう あの世へ逝く時も近づいてきているのに、自分のしてきた事を考えると、死後の世界が怖く無いのかと…素朴な疑問を持ち続けて来ました。

      美智子は、折角 宮城まり子さんにお会いして何を学んだのか?
      宮城まり子さんから何も学習しなかったのでしょうか?
      美智子のような人間がクリスチャンだと云うと、
      他のクリスチャンの方々に とても失礼だと思ってしまう。

      地獄とは「永遠の火の苦しみ」と されているが、
      何と皮肉な事に、美智子の大好きな可愛い 礼宮文仁の「お印」は栂(ツガ) で、
      栂の樹は 昔 咎人(罪人)を貼り付けにして火あぶりの刑にした樹だと言われている。

      何故、昭和天皇が文仁にこのような お印(オシルシ) を与え、
      「(明仁の次の天皇は) 次は浩宮で」
      「浩宮の次は浩宮の子で」 と 言われたのか。

      ◯義の子として決して認められて無かった文仁を 美智子は不憫に思い、
      何としても、自分の産んだ不憫な 不◯の偽物の皇族の文仁を、
      正統な皇族にして、昭和天皇や皇室を見返してやりたくて、
      正統なお血筋で在られる浩宮徳仁様から ◯義の子へと、皇統を移そうと
      なり振り構わず、必死になって画策している姿は 傍目に見ても浅ましい!

      494
      • 21:35様 へ
        14:16 様 です。

        美智子サンは実母や聖心出身の影響、マリア像や讚美歌がキレイだとか、祈る自分に陶酔してるだけのファッションクリスチャン。

        本物のクリスチャンは信念のある人だと思います。
        なりふり構わず、着飾らず、それこそ簡素な服装で足るを知る方。見た目は美しくなくてもいいのです。

        宮城まり子さんは施設の子供たちの食費に困窮し、当時の総理、田中角栄に直談判する行動力にあふれた救世主、そして慈悲深い生きる聖母マリアのような美しい心をお持ちでした。
        その嘘のない心に沢山の方々が心動かされ、寄付金を寄せられ、時の総理大臣を動かしたのです。

        天国へと旅立った宮城まり子さんとは真逆の人が美智子サン。

        皇居地下に礼拝堂を造るなど神道の頂点にいる天皇の嫁にあるまじき行為は許せない。
        神道に背く行為をするなら皇室に入内するべきではなかった。

        工事に手間が掛かる地下室。
        大理石など高価な石造りでしょう。
        これに無駄な巨額の税金が使われ、大切な祭祀をないがしろにし、十字架に向かい一体何をしてたんでしょう。
        言葉は悪いですが、まるで隠れキリシタンのよう。

        平成はバブルや戦争に匹敵するほどの数々の災害や地震と死者数で日本が疲弊した嫌な時代でした。

        木や植物に造詣が深かった昭和天皇は何もかも見抜いて 栂 を与えた。
        礼宮が偽物だという証拠。
        恐らく、今上天皇も早くから弟の存在に違和感を感じ、真実を知り、幼心を傷めていたと思います。
        その心中を想像するだけで苦しくなります。

        お印といえば、悠仁はコウヤマキ。
        古くから木棺に利用されるコウヤマキは不浄の木とされ、明治神宮境内の造営にあたり、この木を植えることを避けたそう。

        このような事さえ知らず、秋篠宮と紀子、前天皇、前皇后はお印を安易に付けたのでしょうか?
        神道を何も学んでいない証拠。
        本当に無教養。

        期待と希望を込めて・・今のコロナ禍が終焉する頃、少しずつ本来の正しい皇室になって行く気がするのです。
        天照大神は闇を退治してくれるはず。
        天皇御一家、常陸宮家、三笠宮家、高円宮家の方々を守って欲しい。

        249
      • 昭和天皇が仰ったのは明仁の次ではなく、御自分の次に浩宮徳仁様と思われたのではないでしょうか?
        だって明仁くん頼りにならないし。

        84
      • 昭和天皇はもしかしたら、自分の次の天皇に浩宮徳仁様と考えていらっしゃったのではないでしょうか?
        だから昭和天皇御危篤の年末に当時の皇太子夫妻はパーティーをしていた。

        自分が皇后になる機会を奪う実の息子
        しかも理想の妃としてティファニーであれやこれや買い物とかしない(贅沢しない)って地味~に批判?
        浩宮徳仁様は御母上の批判等なさらない方なのに、勝手に思い込み憎んだのでしょう。

        ア○のアーヤは前皇后の妹の子供説有ります。
        自分の血統続くしア○だから何でも言うこと聞くし(高笑い)
        だからア○のアーヤに賢い嫁が来てはいけなくて、普通ではあり得ない嫁を認めたのでしょう。

        今上陛下、素晴らしい皇后陛下をお見初め頂き有難うございます。
        皇后陛下、天皇陛下の今までのご苦労等も全て受け止めての皇室入り有難うございます。

        本当に浩宮様の次は浩宮様の子でお願いします。

        208
  • 昭和からずっと、どう見ても、質素倹約には見えません。
    皇室で無駄な贅沢をしているのは美智子明仁だけ、後に文仁が加わり、平成で秋家もそれに加わり令和に続いています。

    189


  • 美智子の肝煎で新築された御所は、賓客を泊めるためだ。

    御所で宿泊すれば安全だから。

    と書かれた記事を読んだが、美智子宮殿に賓客が泊まったーーーーという報道は無かった。

    美智子だけを満足させるために、血税つっこみまくって建造された吹上御所だったのではないでしょうか。

    144
  • 14:16 = 15:40 様
    ご返信ありがとうございました。

    本来の慎ましく正しい皇室の在り方に戻す為にも、
    絶対に秋篠宮家に皇統を移すことだけは有ってはなりませんね!

    それにしても 秋篠宮家のが、親子二代に渡って このような 有り難く無い
    「お印」とは、ただの偶然とは思えないですね。

    昔、遠藤周作さんの「沈黙」(映画にもなりましたが) と、
    それで書ききれなかった「侍」と言う小説、
    ( キリスト教の教えを広めようとしたけれど、日本では時代が早過ぎた為、
    それは叶わず、残酷 且つ 悲惨な最期を遂げられた人の話 )や、

    その当時の隠れ切支丹の方達がどのようにキリスト教を信じ、
    どのような生活をして来られたか…。美智子にも教えてあげたいものです。

    でも今更、美智子に何を言おうと悪の権化と化した美智子には通じないので、
    (不謹慎ではありますが) ひたすら、美智子が早く逝ってくれる事を願うばかりです。

    149
  • 以前、小内氏が提供した「映画女優の演技パクり」、「眼帯、首コルセット姿」、そして彼の有名な失声事変に関して。
    眼帯は、1941年8月8日公開 吉永小百合主演「愛と死を見つめて」の癌で眼球を失う痛々しい姿。
    失声は、1994年2月19日公開 「ピアノレッスン」のヒロインが苦悩の余り陥った症状。
    どちらも大ヒットした作品ですが、それぞれの映画公開時期と重なります。

    49
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。