秋篠宮家の「バイト公務」と「金銭感覚」 皇室と経済のザル関係



秋篠宮家の熱心な公務邁進は、称賛されることもあれば、批判されることもある。主に批判される場合には、「お手振り一回何百万」などというように、公務による高額な謝礼が的になっているようであるが、果たしてそんなにお金を得ているのだろうか?

宮家のことは誰にも解らない

昨日、ツイッターのほうで「皇族方の公務には高額の謝礼が生じているのは本当か?」という趣旨の質問をいただいた。実はこの回答はシンプルだ。

  • 天皇皇后両陛下ならびに内廷皇族の「公務」に謝礼は存在しない。
  • 宮家皇族の「公務」に謝礼が発生しているか否か、宮内庁には解らない。

天皇皇后両陛下の公務は100%「公」のものとされるため、謝礼は発生しない。かかる費用は全て税金から捻出され、警備など含めたら、一回公務に行くだけで相当な赤字だ。赤字を切ってでも行く価値のある所にだけ両陛下は公務に行かれるのであり、これは後述する宮家の公務とは性格が異なる。

宮家の公務には種々様々なものがあり、必ずしも100%「公」とは言い難いものも含まれる。たとえば名義貸しや、聞いたことのない法人の名誉総裁などである。名義貸しのなかには、かつては公営ギャンブルの宮杯も含まれており、多額の謝礼を受領しておきながら無申告だったことが国会で取り上げられたこともある。

なぜこのような事案が生じたのかと言えば、宮家の財政事情は宮内庁に「報告義務」があるわけではなく、宮家のみしか知り得ないブラックボックスになっているからだ。宮家が公務で金銭を受け取っていても、それを宮内庁と報告しなければそのままポケットに入ってしまう。税務署や国税局が宮家を調査中だとか、査察に入ったという話も聞かない。

「皇族方は年金が支払われるのだから公務の謝礼を受け取るべきではない」という正論を仰る方も多いだろうが、そもそも皇族に支払われる年金(皇族費)はそれほど多くはなく、宮家は自立して経済活動することが前提になっている(秋篠宮家は皇嗣となり1億3000万円)。したがって、宮家が公務などを通じて経済活動すること自体は実は正しい。だが、宮家の財政事情の管理監督については法的不備があると言わざるを得ないほどザル状態だ。

秋篠宮家の金銭感覚

このような不透明な宮家の財政事情から、「秋篠宮家はバイト公務を荒稼ぎしている」という噂が度々聞かれるが、比較的間近で見てきた者として、「秋篠宮家は贅沢好きではないが、庶民感覚からすれば破格の金持ちだ」とフォローしておきたい。

もちろん贅沢という概念自体が、皇族の方々のそれと、庶民とでは乖離がある。女性皇族がお召しになる和服は一着数百万円するし、洋装の礼服もオートクチュールであり一着100万円を超すことも珍しくない。宮家の場合、衣装代すらもすべて公費で賄えるわけではなく、私費から出さなければならない事態が多くある。

皇族に見合った品位をたもつだけでも年間相当な金額が必要になる。秋篠宮家は皇嗣となり年額1億3000万円ほどの皇族費が支払われているが、公務をこなし生活するだけでこの大半が消える。秋篠宮家は職員50人からなる組織であり、大半の職員の給料は国庫から支払われているとはいえ、何かするにも経費は馬鹿にならない。そのため皇族としての品位を保つためには、どうしてもバイト公務に頼らざるを得ない状況だ。

宮内庁にバイト公務について電話をかけたことのある方なら、おそらく電話窓口で「公務の対価・報酬はいただいておりません」といった返答が必ずあるだろう。が、実際には「お車代」などの名目で金銭を受け取っている(これは合法)。また先ほども言ったように、宮内庁は宮家の財政事情を全て把握しているわけではないため、秋篠宮家が公務で何らかの対価・報酬を受け取っていることすら本来ならば知らないのだ。

この夏、秋篠宮ご夫妻は悠仁さまを連れてブータンに「私的」旅行されたが、「私的」なものであるがゆえに、1億円以上なるであろう旅行代金は全て秋篠宮家のポケットマネーから出ている。つまり秋篠宮家はキャッシュで1億円以上の預金があり、それを海外旅行で使えるくらいの余力があるということだ。

庶民と比すれば破格に大金持ちであることは誰の目にも明らかだ。

そもそも皇族は贅沢に興味が薄い

このように秋篠宮家が破格のお金持ちであることは間違いないし、その資金源はバイト公務だ。だがこのバイト公務は法的に認められたものであり、何ら問題はない。

このような事情があっても私は秋篠宮家は贅沢好きではないと思う。というのも、蓄財しようにも世間の目が厳しすぎて、派手に使えないのだ。

そもそも皇族方は我々庶民とは桁違いのセレブなのだ。ここで一つ実体験から例をあげたい。私は現役時代にとある宮家のヨーロッパ公務に付き添った時、行く先々で(呼んでもないのに)エルメスだのグッチだののCEOが現れて、ブランド品のプレゼントが次々贈られてきたことに面食らったことがある。向こうとしても皇族方に身に着けていただいたほうが宣伝になると解っており、頼んでもいないのにやってきては置き物していくのだ。およそ二週間ほどの海外公務だったが、いただいた贈答品は大型トランク10個以上の量だ。本来ならば皇族が受け取れる贈答品には制限があるのだが、そんなことまともに守っていたら大半の贈答品を受け取り拒否しなければいけなくなる。そんな失礼なことはできないので、結局、日本に持ち帰りざるを得ない。

また日本に持ち帰っても、国民の厳しい視線があるため、解りやすいブランド品を大っぴらに使うことは憚られる。結局、いただいたブランド品はそのまま倉庫に死蔵されるのだ。

時折、女性皇族が海外ブランドのストールやらバッグを持っていたとかで騒がれることがあるが、おそらくその女性皇族はそのブランドが好きで買って持っているわけではなく、たまたま家のそこらへんにあったものであったり、大切な知人からもらったものであったりするパターンがほとんどではないかと思う。

かつて女性週刊誌で、美智子さまと紀子さまのファッションについて、海外ブランドが少なく、日本の象徴にふさわしい質素があるというようなアゲ記事があったが、お二人とも倉庫には死ぬほどブランド品の山が積まれているが、世論を気にして使わないだけだ。私はせっかくいただいたものだし使ってもよいと思うのだが、それでは海外ブランドの宣伝を皇族がしてしまうことになるので、判断が難しい。

秋篠宮家は内定皇族として扱うべきではないのか…

話が脱線し、脱線したままこの記事も終わってしまいそうだが、最後に、秋篠宮家の財政のあり方について私見を述べさせていただきたい。

秋篠宮家はバイト公務を多くこなして、庶民からすれば破格の金持ちであることは事実だ。だがこれは職員50人の「秋篠宮家」という宮家を維持するための「労働」であり、法律的に認められている行為だ。秋篠宮家は収入も多いが支出も多く、破格の贅沢ができる環境にはないように思える。また、眞子さまと佳子さまは庶民感覚が大変強いが、秋篠宮殿下と紀子さまはそこまで贅沢好きという性格ではないように拝察する。

また秋篠宮家の今後の財政については、悠仁さまには皇太子と同等の教育を施す必要があり、これにもお金がかかる。先のブータン旅行で1億円以上かかっていることからもお解りいただけるだろう。

このように秋篠宮家は立場が重くなるとともに、支出も多くなることが確実である。とりわけ悠仁さまの教育には万全を期したいというのが宮内庁の願いだ。そのため、悠仁さまがお生まれになった際と、御代替わりに伴い皇嗣になられることが決定した際に、秋篠宮家を「宮家」ではなく「内定皇族」として扱うべきではないかと秋篠宮家に打診した。

内定皇族となれば、悠仁さまの教育代などは全て公費から捻出されるため、秋篠宮家にのしかかる財政負担は一気に取り除かれる。

だが、この宮内庁の打診を、秋篠宮家は断り、宮家として自立していく道を選んだ。理由は定かではないが「これまで自由気ままに生きてきたのだから、今さら宮内庁が私生活にまで干渉する生活はお嫌なのだろう」というのがもっぱらの評判だ。どうも秋篠宮殿下はこの件を含め将来に対して乗り気ではないのだ。帝王学を受けていないという理由から「皇太弟」 という伝統的な敬称を辞退され、年老いてからの即位にも否定的な発言をされた。これらの現象は全てリンクしていると思う。

だが、私は秋篠宮殿下の判断は良くなかったと思う。秋篠宮家は内定皇族になるべきだった。これを断った結果、秋篠宮殿下と宮内庁の溝は深まったし、小室圭問題などについてもお互い協力し合って解決していくという機運がそがれた。

秋篠宮殿下が勇気ある「破談」の宣言を誕生日にされることを祈ってやまない。



19 件のコメント

  • 今更 悠仁の教育にお金を掛けても もう遅いし、必要無いと思う。
    敬宮愛子内親王殿下が立太子なされば良い。

    秋篠宮家はこれまで既に3人の子供に裏口入学などでも散々お金を使ってきているが
    誰1人として優秀に育っていないので、無駄でしかない。

    紀子は いつもお金が無い! お金が無い! と言っているが、
    一回の旅行で1億円もポケットマネー出せるのなら、

    天皇陛下の様に、コロナで窮困を極めておられる方達に 寄付されても良いのでは?

    国民の税金で安泰な生活を保障されているのだから、国民が窮地の時1度位 日頃の感謝の気持ちを込めて、そんな気持ちにならないのか?
    尤も、秋篠宮家の辞書には感謝などと云う2文字は無いか!

    2415
    14
    • いやいや、何言ってるんですか…

      秋篠宮が「皇太弟」になるには、皇室典範改正が必須でしょ。
      「皇太子」や「皇太孫」については規定されていても、「皇太弟」なんて書かれてないんだから(皇室典範は直系主義のため)。

      「はい、なりたいです!」って言ってなれるわけがない。
      第一、秋篠宮の「皇嗣」は通称でしょう。
      いつの間にか「皇嗣」→「皇太子同等」みたいなデタラメがマスコミに刷り込まれてますが、とんでもない大嘘です。

      そして皇室典範改正となれば、国民の大多数が「愛子さまを皇太子に!」と望むでしょう。
      (そもそも男性にしか皇位継承権を認めない皇室典範は、日本国憲法の「法の下の平等」に反しているし。)

      自分たちの不利が分かってるから、安倍政権は頑なにオープンな皇位継承議論をしようとしない。
      隠れてコソコソコソコソ、内親王と旧皇族子孫の男子と結婚だの、旧皇族子孫の皇籍「取得」だの、現存宮家への旧皇族子孫の養子入りだの…

      ちなみに、皇籍取得と養子入りについては、当然皇室典範改正が必須。
      (旧皇族の子孫(一般国民)の皇籍取得なんか規定がないし、そして皇族は養子が禁止されてるし)

      そもそもの話、「皇嗣職」なんてナゾの役職を置くことを「生前退位特例法」にコソッともぐり込ませてたこと自体がおかしい。
      (そして「皇嗣職が置かれている間は、東宮職を置かない」なんて文言も、愛子天皇つぶしとしか思えない)

      なにもかもが伝統破壊とデタラメ過ぎて、何一つ秋篠宮夫妻を擁護する気にはならない。

      3395
      5
  • 長らく更新されないことに、なんらかの事情が発生したと推察します。
    せっかくの再開が中断されないように、コメントに気をつけていきたいと思います。

    1096
    31
  • 内定皇族ともなれば支出など公にしなければならなく、小室資金もバレてしまいますよね。
    原資はすべて税金ですからね。
    小室資金では相当ヤバイことをしているんじゃないでしょうか。

    2295
    15
  • それでも紀子さんが川島家として0円婚で結婚出来たりと初めから秋篠宮家は信用できないので、私的公務でも海外旅行でも得た物品の、キチンとした数と金額を宮内庁に申告するようにしてほしい。
    他の宮家は収入に困っているが秋篠宮家は学歴、名誉総裁など自分達に似合わない立派な肩書を多く持っていて、そのために高額金品の受領ばかりが出来てしまっている。
    本来の実力では到底貰えない高額金品ばかりである。
    好きな時に国内海外に旅行へ行ってしまい、パスポートもないためか?外務省にも毎回内緒で行ってしまうのだろうか?
    好きなことを自由にしたいがために宮内庁にも通さず、警備も付けずに自由に移動するのだろうか??
    どれだけの収入があって多くの出費がされているのか?
    国民にとっても皇室にとっても恐怖しかないのでは??
    だからマスコミにも賄賂が効いて自分達に都合の良い内容を強要出来るのだろう。
    今の天皇の皇太子時代も今でも、美智子さんや秋篠宮家の良いようにされてしまっているのでは?
    それは皇太子時代からも現在も、天皇家よりも秋篠宮家の方が収入が多いからではないのだろうか??

    1414
    3
    • 宮家は宮内庁のは管理下にないから,会計監査も出来ないなんて,そんな時代は終わりでいいんじゃないですか,宮内庁さん?

      国民と同じでなければいけないとは思わないけど,コロナ災害でレストランか潰れてしまっても,会社が倒産して社員さんが全員解雇になっても,何も出来ないんですよ,周りの国民は…
      天皇家も含めて,他の宮家は,秋篠家よりも少ない金額で,品格を持って暮らしているのに,秋篠家だけが出来ないなら,無理に皇室にはいて頂がなくてもいいのでは?
      秋篠家の職員が,天皇家のは食事内容を見て地味で驚いたとか聞きました。

      749
      1
  • >かかる費用は全て税金から捻出され、警備など含めたら、一回公務に行くだけで相当な赤字だ。
    美智子さん読んでますよね。
    平成時代の無駄に増やした公務。災害のあと被災地の迷惑も考えずに出向く。
    出かけるたびに衣装を作る。 かなりの赤字だったことでしょう。
    当時の皇太子ご一家がどれだけ苦しかったことか。
    あなた実の母親でしょ? 30数年も我慢させたこと、驚きです。

    3849
    3
  • 小内様の久々の更新がただただうれしいです!
    あ~やっと!
    またお会いできて良かったーー!!(嬉)

    色々大変だったんだろうとは思っていました。
    そんな中で貴重な更新本当にありがとうございます!!

    278
    • いやぁ~本当に更新して下さって嬉しいですよね!

      小内様、更新して下さりありがとうございます☆

      小室問題で皇室に興味を持つ方が多くなったように思います。
      色々な事を知る事ができ、感謝しています。
      ありがとうございます。

      108


  • こういう時でも、感情のこもらない
    「お言葉」
    だけとは、呆れてものが言えない。
    せめて、死蔵品を売って換金し、寄付して、コロナ専門の研究機関や病棟を立てる足しに・・とはいかないのだろうか。

    合法違法以前に、国民の命がかかっているのだからさ。
    まあ、そんな英断などできないだろうね。
    馬 は相変わらず貢いでるだろうし。
    益々嫌い。どこまでもウンザリ。

    649
  • 秋篠家だけで,国庫から1億円以上入り,教育機関にお世話になっている子供は1人。教育費,人件費等あったとしても,食べ物やお酒,トイレットペーパーに至るまで献上品だとしたら,充分に暮して行けるレベルと考えるのは,国民の発想レベル?
    宮妃が始終お金がない!と嘆き,コロナ災害のは特別給付金1人10万まで欲しがっているというのは本当でしょうか?
    どちらにしても,こんな国難で国にお金があるはずがない。平成と同じような勘違いはもう通じない。
    緊急事態宣言明けした都市が増えて,テレビがやたらに『前とは違う生活ぶり』を叫んだいるが,その国民の眼差しが皇室に対する見方の変化に繋がって行くでしょう。

    594
  • 小内様、皆様、おはようございます。

    小内様、サイトが再開されて嬉しいです。
    お体に気をつけてお過ごしくださりませ。
    引き続きよろしくお願い申しあげます。

    私が思い描く皇室とは国民から尊敬される方々がおられる高貴な空間です。
    立場を利用して利己的に振る舞う方々がいる場所とは真逆の空間です。

    皇室の永遠の繁栄を祈っております。

    令和二年五月十九日

    528
    3
  • 更新が滞っていたのでいろいろなアクシデントを危惧しましたが、再開第一弾は過去の記事の焼き直しなのですね。。
    これからも注意深く見守らせていただきます。

    218
  • >宮家皇族の「公務」に謝礼が発生しているか否か、宮内庁には解らない。

    >宮家の財政事情は宮内庁に「報告義務」があるわけではなく、

    >税務署や国税局が宮家を調査中だとか、査察に入ったという話も聞かない。

    >宮家の財政事情の管理監督については法的不備があると言わざるを得ないほどザル状態

    >宮内庁は宮家の財政事情を全て把握しているわけではない

    これは「秋篠宮家へ入る金額も、出る金額も、全くの不明である。」という証言ですね。

    >この夏、秋篠宮ご夫妻は悠仁さまを連れてブータンに「私的」旅行されたが、
    >「私的」なものであるがゆえに、
    >1億円以上なるであろう旅行代金は全て秋篠宮家のポケットマネーから出ている。

    これは全く信用できない。
    私的であっても、秋篠宮家にかかったら、ポケットマネーから出さずともよいことになる。

    紀子妃は以前、毛皮セーブルのコートを注文したが、それがいつのまにか「公務だから製作費は毛皮工房が持つ。」と変わっていたから。

    http://retsugaiha.blog.fc2.com/blog-entry-1534.html

    つまり
    >宮家の財政事情は宮内庁に「報告義務」があるわけではないから、
    可能になる。

    秋篠宮家が持つ金銭の流れに「マネーロンダリング」という言葉を思い浮かべるのは私だけではなかろう。

    749


  • お車代は合法、
    それ以外は?
    そんな何億もボンっと出せるほど、どこで荒稼ぎを。
    つつくどころか擁護に回るメディアにも不信感。
    国民の意識と乖離してる。
    首相まで。
    8割以外の2割処か1割くらいかもの人達が、甘いみつにたかるべく秋家を推してるように見えてならない。

    613
  • 貴重な記事を、ありがとうございます。

    多くの国民は、清らかな皇室の弥栄を願っています。
    正々堂々とした皇族の方々を敬愛、支持しています。

    385
  • ある占い師の方が「(秋篠宮さま)の方が柔軟な考え方をもってる」要するに占いも利用するということをおっしゃっていました。
    そりゃあ、お客様だもん。大事にしますわね。
    あちこちのお客様してそう。

    213
    20
  • 宮家が自立した経済活動を行うことは賛成です。ただ、その分の所得税は納めて欲しいと思いますね。おそらく現金で手渡しという慣習があるのでしょうから、宮内庁がその金額は知る由もないのでしょう。非課税という立場を利用して私腹をこやす行為は、皇族としていかがなものでしょうか。秋篠宮家が内廷皇族にならなかったという事情は、自称筆頭宮家としては、謝礼の金額も呼ばれる回数も多いでしょうから、今のままでいたほうが「おいしい」というところにあったのでしょう。ならばそれを「ご公務」などと呼ばないで欲しいと思います。

    294
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。