美智子さまは「今もキリスト教徒」 御所の地下に「秘密の礼拝所」



美智子さまはクリスチャン家庭に育ち、大学のキリスト教系の大学を卒業された。もちろん美智子さまも皇室に入られる前まではキリスト教徒であった。皇太子妃、皇后となられてから後に、どのような信仰をお持ちであったのか、度々議論になる。だが間近で見てきた者として、美智子さまは今も筋金入りのクリスチャンにしか見えないのである。その逸話を紹介したい。

美智子さまと信仰

美智子さまは昔も今もクリスチャンだ。それがこの記事で言いたい結論だ。結婚したというだけでそうそうに心まで改宗できるものでもない。今でもカラオケで歌うのはキリスト教の「聖歌」である。

買われるCDも、クラシックの宗教音楽が多い。お気に入りは、アヴェ・マリアであり、1年に5,6枚は買わているように記憶している。公務で能や雅楽を鑑賞される機会が多いが、それらのCDを購入されたことは私の知る限り一度もない。もちろん頼まずとも演奏家から能や雅楽のCDが送られてくるのだが、それらは開封されることなく地下倉庫行きとなる。

女官たちと合唱団を結成し、内内のパーティで讃美歌を披露されたこともある(1998年夏のこと、曲名は失念してしまった…)。皇室に入られてから、昭和天皇がご存命の間は、信仰を発露する術が限られていたので、女帝となってからその本領が発露されたように思う。思えば昭和の時代に「美智子さまのキリスト教信仰に昭和天皇が苦言を呈された」という報道が流れることがあり、その火消しに宮内庁は必死になったが、この必死さが逆に情報の真実性を力強く裏付けてしまったというのは皮肉でしかない。

ところで香淳皇后が亡くなられたとき、美智子さまはモーツァルトの「レクイエム」ディエス・イラ(怒りの日)を繰り返し掛けられていた。いろいろな想いがあったのであろう。(余談だが、美智子さまのお気に入りはカール・ベーム1971年録音版だ)

皇居は教会?

こんな逸話に欠かない美智子さまとキリスト教の関係。住まわれていた御所は、キリスト教の教会がイメージされていると噂されたが、「さもありない」というところだ。この御所の設計に美智子さまはあれこれ口を挟まれていた。

また、御所の中に礼拝室があったのではないかと噂が流れているが、実際そのような部屋がある。御所の西側は私室となっているが、そのなかでも北側の地下部分は完全プライベート区域となっており、年に一度女官が入れるかどうかというレベルだ。

だが、御代替わりに伴い御所(現、仙洞御所)から引っ越す必要が生じ、荷物の目録をつくるためにこのプライベート区域にも職員が入る必要が生じた。しかし、美智子さまはこれを執拗に拒んだ。その理由は簡単だ、ある一室の隅にキリスト教関連の書籍や十字架などが地下室に山と積み上げられ、さならがカテドラル(聖堂)のようになっていたのだ。

美智子さま曰く「独身時代に荷物をここに置いてままで、散らかってるの」だそうであるが果たして――。少なくとも私には秘密の礼拝室にしか見えなかった。

本地垂迹を熱心に勉強されていた美智子さま

私が美智子さまが未だキリスト教の信仰を捨てていないと確信する理由は、皇后となられてから「本地垂迹」(ほんじすいしゃく)の理論を大変熱心に勉強しており、ビックリするような発言をされていたからだ。

本地垂迹とは、「日本の八百万の神々は、実は様々な仏(菩薩や天部なども含む)が化身として日本の地に現れた権現(ごんげん)であるとする考え」(Wikipediaより引用)のことである。

つまり「天照大御神=大日如来」なとど解釈することによって、神道と仏教が矛盾なく共存できるようにした理論だ。外来宗教である仏教が布教先の現地宗教と混淆するにあたって、7世紀ごろの宗教家たちが考え出したものとして知られる。このような考え方が広く浸透したので、日本では長らく神道と仏教が併存できたのである。

美智子さまはこの「本地垂迹」を、とある「ご進講」で知られるや、これに大変な興味を持たれたようだ。「ご進講」に呼ばれた講師は、その後、お茶会に招かれるのが通例である。そのお茶会の場で、美智子さまはその講師に「本地垂迹は現代でもあるのでしょうか? たとえば神道とキリスト教との融和はどのようになっていますか?」と聞かれた。その講師(有名な歴史学者)は「そのような試みもございます。宗教多元主義的な考えでございまして、宗教は様々に存在するがそれぞれの宗教が持つ意味は同じであるというような理解がございます」と。美智子さまはさらに「その場合、キリストと天皇の関係はどうなるのでしょうか?」と問われ、講師は「天皇はキリストであるという考え方もございます」と回答すると、美智子さまは大変満足げに「では、キリストに祈るということは、実は天皇に祈ることと同じなのですね」と総括された。この総括に歴史学者は「そのような考え方もございます」とだけ答えた。

キリストに祈ることは、天皇に祈ることだからOK理論

私はこのお茶会の会話を傍らで聞いていて冷や汗が出た。というのも、美智子さまのキリスト教好きを知っていたからだ。

その数か月後、美智子さまは御所内での内輪のパーティで聖歌を披露されると「讃美歌を捧げることは、日本の神々や天皇に祈ることと同じなのよ」と仰った。

それからというのもの美智子さまは堂々と人前で讃美歌を披露されるようになった。そのような美智子さまの姿を拝して、私は言い知れぬ不安がこみ上げ来たのを覚えている。

そして、私の危惧は現実のものとなった。

美智子さまは地下室にカテドラル(聖堂)をつくっておいでだったのだ。 美智子さまのキリスト教信仰は今もない続いていると確信している。



26 件のコメント

  • 美智子は洗礼を受けている筋金入りのクリスチャンだと思います。

    その証拠は。

    聖心女子大学での劇で「聖母マリア」の役を演じたからです。
    写真もネットに残っています。

    聖母マリアの役は洗礼を受けた信者でないと演じられないとか。

    なので、美智子は洗礼を受けた筋金入りのクリスチャンだと思います。

    549
    10
    • 何年前かは忘れましたが、草津の音楽祭のワークショップで
      美智子さんが演奏されたのは、「アヴェ マリア」でした。
      神道の方のはずが、あれー、と思いました。
      ピアノ曲の「題名」ですから何をひかれようとかまわないとは
      おもいますが、びっくりしました。それにご自分が参加すれば
      一般人をひと方のける事になりますよね。
      本当に目立ちたがり屋なんですね。

      698
    • まぁ、信仰の自由は憲法でも認められてるから、神職を生業にする皇室に嫁いだとしても、キリストを信仰してはいけないということはないでしょう。

      しかしねぇ…ミテコさんにとって「信仰」とはなんなんでしようね?

      雅子さまを妬み憎み、孫の愛子さまをも徹底的にイジメて、長男である今上陛下をも深く傷つけた。
      次男の秋篠宮を贔屓し、眞子・佳子を愛子さまへのあてつけのようにことさら可愛がり、マスコミや宮内庁を利用して秋篠宮家をアゲアゲし、皇太子一家(当時)を激しくバッシングさせた。

      「隣人を愛せ」と言ったキリストの教えを、ミテコさんはどう考えているんでしょう?
      キリスト教は愛の宗教ではないのですか?

      ミテコさんが真実キリストを尊敬しているならば、人を貶めてイジメることとどう整合を図っているのでしょう。
      とても不思議です。

      かつて内村鑑三は、「深い愛の人は、強い正義の人でもある」と言っていました。

      ミテコさんに人を慈しむ「愛」などなく、「正義」もない。ただただひたすら利己的にしか見えません。

      ミテコさんは単にオルガンや讃美歌の音色が、自分の趣味嗜好にマッチしているから好きなだけなのでは?
      タバコやお酒を好んで嗜むのと大差ないのではないでしょうか。

      被災地にいち早く押し掛けて、人の不幸を覗き見るのが何よりも楽しいスケベな人がキリストを信仰しているだなんて、ジョークにすらなりません。

      ミテコさんがお持ちのキリスト関連本は、ミテコさんには何ら意味が無いようですので、天に召される前に処分するといいでしょう。

      ミテコさんは、お花が綺麗に咲く、キリストのおわす天国に行けるとは到底思えませんので、今からでもいいので悔い改めることをオススメします。

      1396
  • 美智子は地下のカテドラル(聖堂)の十字架の前でこれ迄長年に渡り ズッと
    徳仁様と 雅子様と 愛子様 を貶(オトシメ)る 方法を考え続けてきたのだろうか?

    1263
    2
    • 23:34 様
      上げポチを押すつもりが、誤って下げポチを押してしまい、
      あわてて取り消そうと思ってもう一度押したら、逆に
      下げポチ2つになってしまいました。すみません。
      その後、上げポチ、せて頂きました。

      25
      7
  • 宗教は難しい。同じ宗教でも宗派が違うだけで戦いに発展する。
    美智子さんはキリスト教の何派なのだろう?
    プロテスタント、カトリック、エホバの証人? それ以外のマイナーな宗派??
    キリスト教は偶像崇拝を嫌っていたはず。
    嘘をつくのも地獄へ落ちて良い人間として見られるので「嘘つき!」と言われることをもっとも嫌っているはず。
    天国へ入る道は物凄く狭いので見落とす人が多いようなことを言っていたと思う。
    キリスト教では裕福な人達が困っている人達に分け与えるようなことを教えていると思うが、美智子さんは逆で日本一贅沢をしたい人のように思える。
    十戒すら守れていないのでは?
    キリスト教徒としても失格なのでは?
    皇后にもなったのに神事は何もしていなかったのでは?
    キリスト教信者なら死ぬまでキリスト教信者のはずで、他の宗教では天国に行けないと思っていると思う。
    結局は何でもブランド物として見ているのだろう。宗教も天皇制も。
    辛いことを何もせずに、良いところばかりを見て憧れ、努力もぜすに見栄だけを張り続ける。
    中身の実質が伴わないのに、自身の身分を威張って他人をひれ伏せさせている美智子さんと秋篠宮家。
    なぜ美智子さんが神道の天皇家に嫁がなくてはいけなかったのか?
    それが天皇家の悲劇だったと思う。宗教の事をダマして入ってきた、寧ろ確信犯だったのでは?
    美智子さんは軽井沢のテニスコートに何故いたのだろう? 誰かの策略としか思えない。
    紀子さんと川島家の天皇家狙いもそう。。
    何回も中絶しても子供が産めるのか不思議に思うが本当のところはどうなのだろう?
    美智子さんにしても紀子さんにしても、彼女達の子供については本当に夫の子なのかどうかも不確かに思える。
    DNA検査をした方が良いのでは?
    正田家、川島家、角田家に乗っ盗られてしまうような事になっては、天皇制は愛子さんが継がなければ今の代で終わってしまうことになる。
    ドンドン悪い家系が天皇家の親族に加わってくるようなら皇族の財産は少なくなるどころかマイナスになってしまうだろう。
    宮内庁はなぜNOと言えないのだろう? お金の管理をしていないのでは?
    美智子さんや秋篠宮家の言われるがままに大金を渡してはいけないのに。。
    彼女達の水増し要求になっているのでは??

    64
  • なぜこんな方が許されて皇太子妃→皇后陛下→上皇后として君臨しているのだろう。

    しかし信仰と言っても自分の都合の良い考えとしか思えない。

    お顔を見ても筋金入りの意地悪としか見えない夜叉顔。とても慈愛のマリアとは見えないのは皮肉である。

    1180
    1
  • この婆さんだと
    黒ミサだのしか思い浮かばない。
    横に 鬼コ卑がいて、あの顔でニタついている・・・

    もう出ていけ。

    270
  • 皆様、おはようございます。

    皇族にも信仰の自由はあると思いますので、上皇后陛下がキリスト教徒であっても
    否定はいたしません。

    とはいえ天皇ご一家になされた数々の行いは決して許されることはありません。

    私は日々の葛藤の為に心のバランスが失いそうになった時、渡辺和子シスターがお書きになった『置かれた場所で咲きなさい』に出会いました。
    今でも葛藤の為に心のバランスを崩すことがありますが、その時はシスターの本を手に取るようにしております。

    天照大神様の御加護によりご皇室が繁栄することをお祈りいたします。

    令和二年五月二十一日

    793
    19
    • 08:29 様
      私の義理の両親が熱心なクリスチャンで、いつも自分を戒め、他人には優しく、困った方達には手を差し伸べて、本当に神の様に心の美しい人でした。

      私はクリスチャンと云う訳では有りませんが、義姉に誘われ 位の高い親父様直々の
      勉強会に幾度も伺う機会が有り、クリスチャンに対しては良いイメージしか有りません。

      「令和時代が大好き」様は いつも心優しいコメントをなさっておられ、今回のコメントにて ご自分も色々心の葛藤が有ったけれども良い出会いがあって 乗り越えられた事を書かれていて、私の心によく留めさせて頂きました。

      確かに信仰の自由は認められており、なので (決して否定するものでは無く)
      コメント 書くことを 迷いましたが、皇室の実情として書かせて頂きますね。

      皇室で言う処の神とは「神道」で、
      「三種の神器」と呼ばれる皇位を象徴する宝物を護るのが務めとされています。

      ( これは 私も受け売りなのですが ) 神童は儀式をとても重視し 人間の命に関わる魂と
      つながる為の儀式で、神々から直系の子孫とされる皇室に代々伝えられ、日本の天皇は王冠を被らない代わりに三種の神器が皇位を表す。ーーーと されているようです。

      美智子が皇室に入るに当たり、当時 最も重要視されたのが(聖心 出身ですので)クリスチャンではないかと言う事が大きく問題視されましたが、皇族や宮内庁を説得するのに 洗礼を受けていないから…と、かろうじて 折り合いが付けられて結婚が許された

      と云う いきさつが有りました。
      お若い方はご存知無いかも知れませんが、
      皇室では 今でもクリスチャンは正式には認められていないのです。

      なので、美智子は皇居の地下に大っぴらには出来ないので(密かに)礼拝堂を作ったのです。そこへは誰も自由に出入りは出来ず、職員の出入りは殆ど無く月1回位だったようです。

      お引越しが遅れたのも、(膨大ない衣装なども有り)、勿論その事だけでは無かったでしょうが、その秘密の礼拝堂やキリスト教にまつわる品々の処分を誰にも任せられなかったからとも言われています。

      445
      • 匿名様、おはようございます。

        心温まるコメントをくださり感謝いたします。

        皇族はそのお立場だけで既に尊敬される存在です。
        それだけに一般国民以上に身を律してお暮しになっておられます。
        天皇御一家、常陸宮御夫妻、三笠宮御一家、高円宮御一家の皇族方を拝見するに
        そのたたずまいが伝わります。
        むろん各々の御立場で国民が抱く様な葛藤もおありでしょうが、それを微塵とも感じさせず、皆様、凛とされており気品がおありです。

        末永く崇高なご皇室が続く事を祈るばかりです。

        令和二年五月二十二日

        160
        • 09:35 様
          04:44(ange)です。
          「令和が大好きです。」様のお気持ちを傷付けるのではないかと心配しておりました。

          明るく前向きなご様子が伺えて安堵致しました。

          これからも コメント欄で同じ思いを共有出来る部分が少しでも多く有ることを願っております。

          90


  • 過去に「上皇陛下と一緒の墓に入らない」と仰ったこと、秋篠宮家の娘様二人がキリスト教の大学に進学した時、正直「なぜ?」と驚きましたが納得です。

    キリスト教は唯一神、神道は天照大御神と八百万の神々の複数神。天皇陛下は神々に祈りを捧げ国の安寧を願われるお立場…拝まれるお立場では無いと思います。キリストに祈ることは陛下に祈ること…かなりのこじつけですね(笑)

    202
  • こういう女を崇め奉る男系男子派を見るにつけ、やつらにとって日本の伝統なんてものは実は何の価値もないのだということが改めて痛感させられる。
    男系男子派にとっての価値あるものとはズバリ「皇室利権」。金に汚い皇族を利用してうまい汁をすすること。この一点のみ!

    196
  • >ところで香淳皇后が亡くなられたとき、美智子さまはモーツァルトの「レクイエム」ディエス・イラ(怒りの日)を繰り返し掛けられていた。

    キモいし、怖すぎる。
    これは、日本の神様お怒りになるよ。
    数々の天災は、美智子さんのせいだね。
    令和の今上陛下、皇后陛下が神様のお怒りを鎮めてくださるといいのですが・・・。

    237
    5
  • 美智子さんは真のキリスト教信者ではないですよ。本当に信者なら優しい心を持っているはずです。でも美智子さんには愛情がない。心底意地悪で、贅沢三昧で派手な性格で、自分が一番じゃないと嫉妬して人の人生さえも平気で潰す人。むしろとても恐ろしい性格、または酷く歪んだ性格の人です。天皇陛下一家を徹底的に憎みきり次男と復讐劇でもするかのごとく立ち回り鬼の様な事を繰り返しやりました。表面では慈愛を演じる女優さん。普通の精神ではこんな事絶対にできません。ましてや我が子と孫にまで酷い仕打ちを・・・今でも野心は消えない哀れな老人ですね。

    389


  • 男系男子派はこういうことは全く気にしないんですよねー。つまり男系男子派にとっては実際のところ本音ベースでは日本の伝統などは実は何の価値もないということです。
    男系男子派にとって真に価値のあるものとは「皇室利権」。皇室に関係のない納税者達に気が付かれずにうまい汁をすすることのできる体制。この一点ということです。そのことがよくわかるエピソードです。

    269
  • クリスチャンかどうか知りませんが、この方のなさってきた事はクリスチャンではないと思います。

    166
  • 美智子が敬虔なクリスチャン(カトリック?)とは到底思えないなぁ。

    どう考えても人への思いやりなどないし(雅子さまや愛子さまを散々イジメてるし)、清貧でもないし(税金を湯水のように使って衣装作りまくりだし)。

    地下の礼拝堂で密かに信仰を貫くアタクシ、に酔ってただけでは?

    この老婆がクリスチャンだなんて、他の真面目に生きてるクリスチャンの方々にご迷惑でしょう。

    豚に真珠、馬の耳に念仏、ミテコにロザリオ、美智子に聖書 etc
    金食いで衣装道楽のブタが聖書など持ってても無意味でしょうから、死ぬ前に全部捨てた方がいいのでは?

    美智子の大量の遺品を処分することになる人達の苦労は並大抵ではないでしょうから、今から計画的に断捨離してほしいです。

    まぁ、美智子が私物と思ってる大量の服やら皿帽子やらサングラスやらは、全部税金で作られてるんですけどね…

    皇族女性の誰も欲しがらないでしょうから、引き取り手がなく、処分するしかなくなるでしょうね。
    血税で作られた高価な衣装といえども…(怒)!

    240
  • 美智子さんにはクリスチャンは似合わない。信仰なんて縁のない方の様に思います。どんな宗教でも心があらわれ人として磨かれます。優しさも思いやりも持てます。この方にはそれが全く見られません。どうすればこんなに虐めや嫌がらせが出来るのか?不思議です。稀に見ぬ悪女で有りました。

    202
  • クリスチャンって、嫁いびりをするのですか?
    人を陥れるようなことを平気でするのですか?

    私の周りの「クリスチャン」は皆優しい方々ですが、上皇后のせいで、とてもイメージが悪くなりました。

    28
  • ヤフコメに、驚愕の投稿がありました。
    秋篠宮家のリフォーム代33億円(金額が増えて今はいくらになっているのやら?)と高額なのは、上皇夫妻が終の住処とされる仙洞御所(現在の東宮御所)と地下トンネルを作るからだと。

    本当でしょうか?
    何しに行くのでしょうね。
    とても気になります。

    27
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。